Fluttuando tra inquietudine e attrazione
9月 20, 2017
ザ・お土産
10月 6, 2017

 ヴィルジニア・モーリ〜不安感と好奇心の狭間〜

Swimming Pool

 ヴィルジニア・モーリ の作品はシュールで不気味だ。

 彼女はアドリア海に面したマルケ州ペーザロ市の出身。近郊のウルビーノ市にある国立芸術学校を卒業後、ミラノとウルビーノを中心にイラスト、アニメーションの分野で活躍中のアーティストである。本も出版している。

 彼女の唯一の道具であるボールペンによって、繊細かつシンプルなタッチで描かれる少女たちの眼差しは、うつろに宙を泳ぐ。

 

 少女たちは静かで、そして平然としている。作品のテーマとなっているそれぞれのアクションが、グロテスクであるにもかかわらず…。

 少女たちの黒髪と線の薄い顔は、日本の漫画を連想させる。尋ねてみるとやはり、ヴィルジニアは幼いころ日本の漫画を読み漁ったという。独特な彼女の作風はその影響を受けたものに違いない。

     

 暗く気味の悪いイラストには、掴むことができないままになぜだか魅了される。まるで悪夢のようだ。ヴィルジニアの作品を前にすると、そこに隠された意味を知りたくなる。しかし彼女がそれを明かしてくれることはなく、私たちは不安感と好奇心の狭間に取り残されるのである。

 

ヴィルジーニア・モーリhttp://virginiamori.com

ephemeral~少女たちの領域2017