CIAO! Journal no. 11 PDF版
2月 6, 2018
Fushikaden -il Giappone che si unisce con l’occidente-
2月 6, 2018

FUSHIKADEN 風姿花伝 ~日本と西洋が融合する道筋~

© Makoto (Codice Bianco)

This post is also available in: itItaliano (イタリア語)

 1月17、18日の二日にわたり、ミラノのノーマ劇場にて『Fushikaden(風姿花伝)』が上演された。
スポットライトが当たると、そこに白いお面がポンと浮かび上がった。

© Makoto (Codice Bianco)

 何が始まるのか。暗闇の中から徐々に浮き出てきたのは日本の古典の世界。

 日本人の役者がステージの真ん中に立ち、お面を顔にかざし、「日本のしきたり」と「仮面」に縛られた演技を披露する。

 と、雰囲気はガラリと変わり、今度は和太鼓と笛と歌での演奏だ。素晴らしく調子がいい。途中からイタリア人奏者も加わって舞台は盛り上がる。浴衣を着た女性がそこで見せるのはなんと盆踊り。

© Spazio Teatro No’hma

 お次はしっとりとしたピアノ伴奏と歌の世界。それまで楽しんで(体を揺すりながら)見ていた絵をパッと取り上げられ、別世界に迷い込んでしまった。孤独感さえ感じる。

 だが演者達はそこから抜け出し、己を締め付けるものからも抜け出て、新たなものを作り出し始めている。これはきっと、日本文化と西洋文化が融合していく道筋だ。

 

 スライドがテンポ良くどんどん変わっていく。そんな印象の、引き込まれる舞台だった。観衆は激しい川の流れに巻き込まれ、共に流されていった。それぞれがその川をどのように理解したかは別にして。

(Ciao!Journal no.11 2018年2月号より)
文・Natsu Funabashi
写真/foto:© Spazio Teatro No’hma, Makoto(Codice Bianco)
『風姿花伝』/“FUSHIKADEN Tenka no Emotions”
プロダクション: Asian Studies Group – Teatro alle Vigne
アーティスト/artisti:Paolo Cacciato, Makoto Kobayashi, Nana Funabiki, Michele Gorlero, Yuna Saito, Taisho Kato, Mai Inaba, Tsuyoshi Maeda, Masayuki Sakamoto, Chiara Codetta Raiteri, Tobia Galimberti, Samuele Galimberti
Spazio Teatro No’hma Teresa Pomodoro (via Orcagna, 2 Milano)
芸術の世界には誰でも参加できるもの。そして他の人の奏でるアートの世界をも共有できるのです。「テアトロ・ノーマ」はそれを実現し、皆様に「文化に関われる場所」を提供しています。入場無料。www.nohma.org

This post is also available in: itItaliano (イタリア語)