大坂なおみ、日本人ハーフの女の子
11月 14, 2018
創業1914年のおもちゃ屋さん
12月 4, 2018

『風姿花伝~天下のエモーション』 が受賞した!

This post is also available in: itItaliano (イタリア語)

 以前弊誌でご紹介した、日本の「能」とイタリアの「Teatro」(テアトロ=演劇)を結んで作り上げた舞台『風姿花伝~天下のエモーション』が、賞を受けた。「Teatro Nudo di Teresa Pomodoro」が主催する国際コンクールにおいて、審査員部門の一位に見事輝いた。

 『風姿花伝~天下のエモーション』は、ミラノの「Asian Studies Group」の処女作である。当グループ代表のパオロ・カッチャート氏、そしてピエラ・ロッシ氏によって制作されたオリジナルの舞台であり、様々なジャンルで活躍する日本人アーティストとイタリア人アーティストが、ダンスと歌、楽器を通して男女の感情の機微を表現する。それは恋愛感情に限らない。異文化の中で一人の男性に出会った主人公(女優のNana Funabiki演じる)の心の動きが、うまく表されている。

 日本人歌手によるしっとりとした歌曲に聞き入っていると、和太鼓の勢いある演奏が始まり、会場はあっと言う間に日本独特のリズムの渦に巻き込まれていく。しばらくすると今度は、静かなピアノの世界に入っていくのである。移り変わる音楽をバックに、日本の少女が、見知らぬ世界をさまよう。



 「能」をベースにした、一見硬い印象の舞台の中で、現代社会に生きる人間の感情がうごめき、そしてくるくると回る。白い能面を掲げた日本の少女の姿にスポットライトが当たって幕が上がる故に、観る者は古典的な作りの舞台かと思わされる。だが繰り広げられる光景がテンポ良く変わっていくにつれ、実はとても現代的な舞台であるということがわかるのである。

文・Natsu Funabashi
© RIPRODUZIONE RISERVATA Ciao!Journal

FUSHIKADEN 風姿花伝 ~日本と西洋が融合する道筋~

This post is also available in: itItaliano (イタリア語)