Team balanco|イタリアに似合いすぎる家具
4月 5, 2019
Ciao! Journal no. 19
5月 7, 2019

ハウルの動く城 Il Castello errante di Howl – A multisensory Experience –

This post is also available in: itItaliano (イタリア語)

 428日、Ciao!JournalOdriuesque社の協同企画で、「ハウルの動く城 Il Castello errante di Howl – A multisensory Experience」というイベントが開催された。

 「Odriuesque」はミラノのトルトナ地区に潜む素敵なショールームの名前でもある。この「アート200%」の空間の内装はOdriuesque社のAngeloMarcoによるものだ(この内装を見るだけでも、ここを訪れる価値があるだろう)。アーティスト二人は見事な魔法を使って、その夜訪れた30人のゲストをハウルの世界にいざなったのである。

 「ハウルの動く城」の上映前に、Angelo作の特製パフュームを浸したコットンがゲストの一人一人に手渡された。ハウルをテーマとして作った香りの中で、映画を鑑賞してもらうためだ。そして中休みの間に、やはりハウルがテーマの、今度はオリジナルドリンクとフィンガーフードが供された。

Tuorlo gelificato allo Scoth Whisky, cialda di Parmigiano e Pecorino, guanciale essiccato. (photo by KARIN)

 卵とチーズで作ったその食べ物の、なんと美味なこと、なんと高級感があること、そしてなんと魅力的なこと。まさにハウルそのものである。映画が終わった後には、この映画に登場する食材であるチーズにベーコン、そして卵を使ったカルボナーラが振る舞われた。

Polpetta di uovo, aria di parmigiano, pancetta e ristretto di salsa al basilico. (photo by KARIN)

 宮崎駿の名作は日本語で上映された(イタリア語字幕付き)。ゲストの多くがイタリア人であったし、中にはこの映画を初めて観るという人もいたのだが、今宵のハウルファン達は日本語での上映を所望したのである。映画の終わりにはディスカッションも行われ、なかなか趣のある意見交換会となった。

  ゲストの皆様方の感想を以下にまとめました。ご協力ありがとうございました。 

●五感オールインワンとでも言ったらいいのか…。とても不思議でかなり素敵なイベントでした。香り、映像、音楽、料理の心地良い余韻が今も身体に流れて、うっとりしています。五感フル稼働の夜でした。

 空間と映画が一体化し、ハウルの部屋に実際いるのかと錯覚してしまう程。ディスカッションでは司会がなかなかうまく、そして内容もアカデミックなものでした。大満足です。

 

●僕はジブリの大ファンで、是非一度彼女に宮崎駿の映画を見せたかったんだ。このイベントのことを知った時は、迷わず二人分の予約をしたよ。おかげさまで、彼女もジブリにはまったはず。

 

●わざわざベルガモから来ました。来て大満足です。この素晴らしいOdriuesqueの空間でこの映画を観ることができて、最高でした。また是非参加したいです。

 

● ただのハウル好き同士の上映会かと思っていたが、出されたお酒とおつまみを口にした途端、「これはただのイベントじゃないぞ」と思った。


 これからもチャオとOdriuesqueのコラボで、様々なイベントを企画するつもりだ。日本が誇る他の映画をもテーマにしていきたいと思う。チャオ読者の皆さん、私たちの冒険に是非とも参加して頂きたい。

This post is also available in: itItaliano (イタリア語)